トップページ  >  相続・お役立ちコラム  >  税制改正で基礎控除はどう変わる!?

税制改正で基礎控除はどう変わる!?

2011年05月25日

今回は、前コラム「相続税の課税対象者が拡大!」ご紹介した、 相続税の改正案の1つ目の目玉の内容をご説明します。

変更点(1)基礎控除の引き下げ

相続税を計算するときに、相続財産から差し引ける「基礎控除(キソコウジョ)」 というものがあります。 税金がかかるのは、この「基礎控除」や、その他の控除を差し引いた後の財産の金額です。

今までの基礎控除は、以下の計算式でした。

 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

これが、改正案では、以下の内容に変わります。

 3,000万円+600万円×法定相続人の数

 ⇒⇒⇒ 税金のかかる“ボーダーライン”が大幅に下がります。

増税額シミュレーション : 遺産8,000万円 / 相続人が子ども2人 の場合


  改正前 改正後
基礎控除 7,000万円 4,200万円
課税対象額 1,000万円 3,800万円
相続税額 100万円 470万円

他に控除がなかった場合
改正前の相続税額は100万円
改正後の相続税額は470万円

なんと、370万円の増税となります!

しかし、不動産の評価額の縮小や、配偶者の優遇枠を活用したり、遺産の分け方を工夫することで、 実際に納めなければならない税金を、減らすことができる場合も多くあります。

支払う税金を少しでも安くできるかも知れない場合は、「できるだけ早く」、専門家に相談することをお勧めいたします☆

東京相続パートナー メールマガジン「相続不安まるごと解決講座」再編集


●◎ファイナンシャルプランナーと税理士が、相続のすべてにお答えします!◎●
メールマガジン【 知って安心! 相続不安まるごと解決講座 】 好評発信中!

無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る