トップページ  >  相続・お役立ちコラム  >  見知らぬ相続人

見知らぬ相続人

2011年06月03日

こんなことがありました。

夫・妻・子の3人家族のうち夫が亡くなりました。

相続財産は夫名義の家くらいで、これといって相続税のかかるような財産はありません。

葬儀も終わり、落ち着いた頃、不動産の名義変更をするために、出生から死亡までの戸籍を取寄せたところ、 なんと、夫が若い頃に結婚したことがあり、子どもが一人いることが分かりました。

残された妻と子には寝耳に水の話です。

日本の相続は血縁でいきますから、亡くなった夫の相続人は妻と子だけではなく、前妻との子が加わり3人になりました。

法定相続分で分割すると、

 妻・・・2分の1
 子・・・4分の1
 前妻との子・・・4分の1


の割合になります。

長年、住んでいた家の権利が、前妻との子にもいくことになります。

さあ、大変! 遺産分割協議を行ったほうがいいのか、
それとも、相続放棄をしてもらおうか、
ダメなら相応分のお金を渡せばいいのか・・・。

見知らぬ相続人と自力で交渉することは不可能とみて、私どもの事務所へ駆け込んで来られましたので、 しかるべき専門家をご紹介し、解決して頂きました。

相続が発生すると、まず相続人は誰かを確定するために、 被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍の提出が求められます。

相続税がかかるような財産はなくとも、
不動産や自動車、預金、証券口座の名義変更などでは、
相続人全員の同意が必要となってくるのです。


昨今、バツ1、バツ2は当たり前という世の中になってきましたので、 心当たりのある方は、元気なうちにそれなりの準備が必要ですよ。

東京相続パートナー メールマガジン「相続不安まるごと解決講座」再編集


●◎ファイナンシャルプランナーと税理士が、相続のすべてにお答えします!◎●
メールマガジン【 知って安心! 相続不安まるごと解決講座 】 好評発信中!

無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る