トップページ  >  相続・お役立ちコラム  >  負債が大きく、相続放棄したい

負債が大きく、相続放棄したい

2011年07月20日

遺産相続が発生した時に、早めに確認しておきたいことがあります。

相続人は誰?

配偶者は常に相続人となり、夫が亡くなった場合の相続人は、
妻+第1順位(子)

 ↓ 第1順位がいなければ、

妻+第2順位(夫の親や祖父母)

 ↓ 第2順位がいなければ、

妻+第3順位(夫の兄弟姉妹)という組み合わせになります。

相続財産は何?

相続財産には、プラスの財産とマイナスの財産があることをお忘れなく。

負債が大きく、相続放棄をする場合

「お父さんは多額の借金をしていたから、相続放棄するしかない」と

相続人である妻と子が相続放棄すると

 ⇒ 次なる相続人は直系尊属にあたる、夫の親や祖父母となり、

直系尊属が相続放棄すると

 ⇒ 次なる相続人は夫の兄弟姉妹となります。

相続放棄すると、放棄した相続人は初めからいなかったことになり、順繰りに相続人が、かわっていきます。

ですから、皆で一緒に放棄しないと本来の相続人ではなかった人が、借金の肩代わりをしなくてはならないという事態に陥ります。

相続放棄は、相続の開始があったことを知った日から 3カ月以内が期限となりますので、ご注意くださいね。

東京相続パートナー メールマガジン「相続不安まるごと解決講座」再編集


●◎ファイナンシャルプランナーと税理士が、相続のすべてにお答えします!◎●
メールマガジン【 知って安心! 相続不安まるごと解決講座 】 好評発信中!

無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る