トップページ  >  相続・お役立ちコラム  >  お葬式の費用はどれくらい?

お葬式の費用はどれくらい?

2012年02月17日

日本消費者協会「第9回『葬儀についてのアンケート調査』」 (平成22年)によると、葬儀費用の総額の全国平均は、 199.9万円となっています。

 費用の内訳

葬儀一式費用 126.7万円
通夜からの飲食接待費 45.5万円
寺院への費用(読経・戒名・お布施) 51.4万円

※それぞれの費用は平均額なので、合計額と総額の平均とは一致していません。

地域別の葬儀費用の総額は、

 関東A (茨城・栃木・群馬・千葉) 228.2万円
 関東B (埼玉・東京・神奈川) 222万円

関東は全国平均よりも若干高めになっています。


あくまでも調査なので、ひとつの目安と考えましょう。

葬儀費用は、会場の大きさや祭壇のグレード、飾り物の種類などピンからキリまでありますし、参列者の数にもよります。 何を選ぶかで費用は大きく変わってきますから、その都度、葬儀社から提示される選択肢には、冷静な判断が必要になります。 お葬式にこれだけの費用がかかると言っても、お香典がありますしね。 余裕のない方は、何がなんでもこの額を準備しておかなくてもよさそうです。

お香典は遺族に渡されるものなので、被相続人(亡くなった人)の相続財産には入りません。

また、葬儀費用は、相続財産から控除できます。

葬儀関連で控除できないものに、香典返しの費用が挙げられますが、一般的なお葬式の場合、お返し物として参列者にお渡しするものは 会葬御礼といって、控除できる葬儀費用に含まれます。


東京相続パートナー メールマガジン「相続不安まるごと解決講座」再編集


●◎ファイナンシャルプランナーと税理士が、相続のすべてにお答えします!◎●
メールマガジン【 知って安心! 相続不安まるごと解決講座 】 好評発信中!

無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る