トップページ  >  相続・お役立ちコラム  >  確定申告 節税のためのミスチェック!

確定申告 節税のためのミスチェック!

2012年02月23日

いよいよ、今年も確定申告のシーズンになりましたね。 今回は相続税からちょっと離れて、確定申告で、うっかり税金を多く払いすぎてしまわないための ポイントをご紹介します。

「えっ、これって控除できるの? 知らないまま申告してしまった…」 というケースがよく見られますので、ご注意くださいね。


医療費控除、こんな点をチェック!

 1年間に支払った医療費が10万円以下でも、合計所得金額の5%より低ければ、医療費控除を受けることができます。 合計所得金額が200万円未満の個人事業主の方など、チェックです。

 申告者ご本人分だけでなく家族の分も対象になります。

 次のものも、控除に含めることができます。
 ・ 入院、通院時の必要な電車・バス代
 ・ 出産費用(出産育児一時金がある場合は、差額分)
 ・ 海外旅行先で支払った医療費

一方、次のものは、一般的に対象になりません。
 ・ マイカー通院の場合のガソリン代
 ・ 通常の人間ドック費用
 ・ 予防接種費用


保険料控除、こんな点をチェック!

生命保険料の満期金を受け取った場合、それまでに支払った保険料の総額よりも50万円(控除額)以上多い場合……、 つまり 満期金−保険料総額 > 50万円 は申告が必要になります。

一方、入院給付金を受け取っても、所得税はかからないため申告は、必要ありません。

その他控除、こんな点をチェック!

例えば共働き夫婦の場合、どちらが扶養控除を利用するかについて、 決められたルールはありません。基本的には、所得の高い方が扶養控除を受ける方が有利になります。

所得が高くても、寡婦・寡夫控除を受けられます。 配偶者が亡くなったり離婚した場合で、扶養親族や所得金額の合計額が 38万円以下の生計を一にする子がいれば、対象になります。

控除があることを知らずに多めに税金を納めても、税務署から指摘があることはめったにありませんが、逆に過少に申告してしまった場合は、 罰金の対象になってしまいます。

例えば、満期保険金を受け取り、申告しなかった場合でも、保険会社から支払ったという調書が税務署にいっていますので、 申告洩れは把握されてしまいます。

危ない橋を渡らないように、十分、ご注意くださいね。


東京相続パートナー メールマガジン「相続不安まるごと解決講座」再編集


●◎ファイナンシャルプランナーと税理士が、相続のすべてにお答えします!◎●
メールマガジン【 知って安心! 相続不安まるごと解決講座 】 好評発信中!

無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る