トップページ  >  相続・お役立ちコラム  >  消費税の経過措置について

消費税の経過措置について

2013年03月16日

今回のテーマは、「消費税の経過措置について」です。

来年の4月1日から、消費税がアップしますが、これにともないさまざまな経過措置が示されています。 この経過措置をしっかり理解して、消費税の支払いを抑えたいところです。



Q. 消費税の税率が来年の平成26 年4 月から8%、再来年の平成27 年10 月から10%と改正されます。 これに伴い26 年4 月以降でも消費税率5%が適用できるような様々な経過措置が発表されていますが、 これはどのような内容でしょうか?

解 説

消費税率が8%となる施行日(平成26 年4 月1 日)をまたぐ取引が行われた場合において、 旧税率である5%が適用できる以下のような経過措置が示されています。

消費税率の適用スケジュール

消費税のスケジュール

要するに・・・

来年の4 月1 日から消費税が5%から8%にアップしますが、その時期をまたぐ取引については、単純に8%が適用されるわけではありません。 契約等を今年の9 月中に決めることなど、旧税率の5%が適用できるようなさまざまな経過措置が設けられていますので、 旧税率が適用できる要件など関連情報の収集に努めましょう。


東京相続パートナー 税理士 小嶋大志(こじまひろし)


●◎ファイナンシャルプランナーと税理士が、相続のすべてにお答えします!◎●
メールマガジン【 知って安心! 相続不安まるごと解決講座 】 好評発信中!

無料登録はこちらから >>

このページの最初へ戻る