トップページ  >  経営者のための相続相談:事業承継プラン

経営者のための相続相談 ― 事業承継プラン

事業承継とは経営を次世代に引き継ぐことを意味しております。この問題は、文字通り事業の承継や継続に直接関係するため、単に中小企業のオーナー一族だけの問題ではなく、その企業の従業員、取引先など全ての関係者に関わる重要な問題です。

事業承継の問題のポイントは、下記の6項目です。

  1. 株式を誰に、どのタイミングで引き継がせるか?
  2. 引き継ぎの仕方はどうするか?(相続・贈与・譲渡)
  3. 株価をどのように引き下げるか?
  4. 納税資金はどのように準備するか?
  5. 他の株主との調整をどうするか?
  6. 納税猶予制度などいかに活用するか?

実行のステップ

カウンセリング

会社や相続人などの現状を把握します。具体的には下記のような項目を確認いたします。

  • 自社株の評価
  • 相続税額の試算
  • 相続人の確認
  • 納税問題や後継者の問題などの把握

2. 事業承継プランの作成

事業承継プランを作成いたします。対策プランには下記の内容を盛り込みます。

  • 社長の退職時期とそれにともなう税務対策(役員退職金規定の整備など)
  • 自社株の引き下げ
  • 株式の移転方法
  • 遺留分など遺言の活用
  • 個人所得税を含めた節税対策

3. 実行支援

対策プランが絵に描いた餅にならないように、それぞれのプランから優先順位を決め、オーナーの想いが実現できるように実行支援致します。

このページの最初へ戻る